プロフィール

                                           

最近の投稿

カレンダー(今月投稿した日)

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
          

カテゴリー

アーカイブ

                       

勢いがないとピアノの鍵盤は鳴らない。

鹿児島県姶良市『大人のピアノ教室』

いのうえちづよです。

 

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室
『子どものピアノ教室』、いのうえちづよです。

 

 

ピアノの鍵盤の弾き方は、

『打鍵する』と言うんですけど

叩く瞬間に指を下ろす速度、勢いがないと

音がなりません。

 

そ〜っと鍵盤を押しても

音はなりませんね。
かといって、

強い力ではないです。

 

勢いです。

 

小さい音で弾く時も

大きい音で弾く時も

勢いが必要です。

 

その瞬間の勢いです。

 

なので、

押さえつけた弾き方とは違うんです。

 

押さえつけたからと言って

大きな音にはなりません。

ここが、生徒さん達の勘違いポイントですね。

 

 

 

太鼓を叩く時、

遠くまで響くような良い音を出すには、

やはり勢いです。

 

押さえつけると

くぐもった変な音になって

響くような良い音にはなりません。

 

ピアノの打鍵の仕方と

太鼓を響くように叩く叩き方はとても良く似ています。

 

太鼓をばち(スティックともいう)で叩く時、

押さえつけてみてください。

 

良い音では、

叩けません。

 

跳ね返りを受け止めるように叩くと

とても良く響く音で叩けます。

 

これはピアノも一緒。

 

叩く瞬間は、

勢いで叩きますが、

その後は、

押さえつけずに跳ね返りを

受け止める感じで

力を上に抜きます。

 

この弾き方だと

音もよく響くし、

トリルや早い音の羅列も

うまく弾けます。

 

試してみてくださいね。

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

 

また。\(^o^)/

 


 

 

 

 

JUGEMテーマ:ピアノ

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
ランキングに参加しています。宜しかったら、ぽちっとお願い致します。(*^^*)