プロフィール

                                           

最近の投稿

カレンダー(今月投稿した日)

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
          

カテゴリー

アーカイブ

                       

指遣いの変更は、苦手な指から逃げる為ではないんです。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室
『大人のピアノ教室』、はせばです。

指遣いの指番号は、
楽譜に記載してあるものが
自分に合わない時、

よく考えて
1回なら変えてもいい
とお伝えしています。

それは、
苦手な指を使わないようにする為

の手段では無くて、

(弱い指や動かしにくい指は、
使う事で動くようになるし
強くなっていきますよ(^_−)−☆)

ふさわしい指を使う為です。

例えば、
手の形は、人それぞれで、
指の長さもそれぞれ。


楽譜を編集された方が考えた指使いが
必ずしも万人に合うわけはなく、
それを補う為の1回変更なんですね〜。

 

なので、逃げる事では無くて

音楽を滑らかに演奏する為なんです。

 

もし、

今取り組んでいる曲の指使いが

どうやっても演奏出来ずに、

悔しくて悔しくて

仕方のない思いをされているのだったら、

1回だけ、

あなたの指に合う指使いに変えてみるのも

いいと思います。

 

曲を素敵に演奏する事が最終目標ですから。うんうん

 

 

 

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

また、あす。

JUGEMテーマ:ピアノ

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
ランキングに参加しています。宜しかったら、ぽちっとお願い致します。(*^^*)

付点リズムや連打音、力が入ると上手く行かない。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室
『大人のピアノ教室』、はせばです。


私の場合、

年代が上に行くと
(歳をとったとは敢えて言いませーん^^;)
筋肉が衰えて来るので、

打鍵をするのに
大変な時があります。

加えて、
反応もやや悪くなっているので、
(私の場合ですよおえへへ)
本当にリズムを演奏するのが、
苦手になりました。( ; ; )

で、付点や連打音を演奏する場合、
入らなくてもいい力が入ってしまって、
上手く演奏出来ないこともしばしば。

いつも鍛えていて、
いつも何時間も練習される方は、
筋肉が落ちる
という事もあまり無いのでは
と推察致します。(イイナア…)


弾けたり、弾けなかったり、
特に冬になって、
動く事が少なくなると
体の筋肉も少しづつ落ちてしまいますから、


演奏がうまく出来なくなる
という事はあると思います。


脱力云々では無くて

普段より余計に力が入っては、
演奏出来るものも
演奏出来ない

なんてなら無い様に、
『おこた』に入るこの季節、
プチストレッチは如何でしょうか。うんうん

 

座ったまま、

腕を回して肩甲骨を動かす。

首を回す。

 

柔らかいボールを

にぎにぎして

手のひらの筋肉を鍛える

など、出来る物から

ゆっくりと試してみて下さいね。ウインク

 



今日もお読みくださってありがとうございました。

また、あす。

JUGEMテーマ:ピアノ

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
ランキングに参加しています。宜しかったら、ぽちっとお願い致します。(*^^*)

年末の忙しい時の練習方法はコレ

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室
『大人のピアノ教室』、はせばです。

師走のピアノ練習って
気分的にした気にならないし
気分的にしようという気にならないかな。(^^;)

それでも、指を動かさないと
普段しなれない指の動かし方は、
忘れてしまいますよね。

そんな時は、
練習している曲の中から
取り出して、
部分練習で、
基礎練、テクニック練習としましょう。
ピアノを使わなくてもいいです。

机の上で練習でもいいです。人差し指

その時も出来れば、
何となくでは無くて、
鍵盤をイメージしながら、
指を動かしてみてください。


長い時間はいりませんから、
ちょっとの隙間時間を使ってみてくださいね〜。

今日もお読みくださってありがとうございました。


また、あす。

JUGEMテーマ:ピアノ

 

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
ランキングに参加しています。宜しかったら、ぽちっとお願い致します。(*^^*)

『指を鍛える』時の場所は・・

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室
『大人のピアノ教室』、はせばです。


ピアノは、

指を鍛える
という表現をしますが、
指を鍛えても、
指の太さとかあんまり(殆どかな)
変わら無いと思います。

 

持って生まれたもののままだと思います。

が、指の元の筋肉が
凄く発達して来ます。
ピアニストの方は、
ここが、本当に筋肉隆々って感じです。

これは、日々の練習で、
発達しているのだと思われます。

体つき(手の様子)も個人差がありますから、
同じように鍛えても
同じように発達する事は
ありませんから、


手の様子自体は

一緒では無いと思うのですが、


鍛える場所は、
指では無くて、
手のひらの部分を満遍なく…
という事だと思っています。

 

今日は、自分の見解を書いてみました。

 

若い頃は、つかむ手のひらの筋肉が

結構、発達していたと思うのですが、

年と共に、衰えた感じがします。ひえ〜

 

そのかわり、

しなやかになったような気がします。笑顔

 

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

また、あす。

JUGEMテーマ:ピアノ

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
ランキングに参加しています。宜しかったら、ぽちっとお願い致します。(*^^*)

どの指を動かしたいのか考える

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室
『大人のピアノ教室』、はせばです。

動かしたい指はどれなのか、
よく考えて、
無意識に動かしたい指が動くようにする
のが、ピアノを弾くためには必要です。


思っていたのと違う指が動く・・・えへへ
という状態では、
直ぐに早く!

…は難しいです。ひえ〜


ひとつの弾きミスの原因ですよね。

そんな時は、
どの指を動かしたいのか、
よく頭で考えながら、
一本一本の指に集中して
演奏します。

ゆっくり弾くのは、
最初は、大変ですけど、
有効な方法ですよ。

 

止まって確認笑顔

ですネウインク

今日もお読みくださってありがとうございました。

また、あす。

JUGEMテーマ:ピアノ

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
ランキングに参加しています。宜しかったら、ぽちっとお願い致します。(*^^*)

                   
| 1/4PAGES | >>