プロフィール

                                           

最近の投稿

カレンダー(今月投稿した日)

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
          

カテゴリー

アーカイブ

                       

3回で3分。隙間時間で出来ます。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室

『大人のピアノ教室』いのうえちづよです。

 

 

こんにちは。

 

今日はレッスンで

おススメしている練習方法から

一つご紹介です。

 

毎日の練習は、

時間で決めていらっしゃいますか?

それとも気の向くまま?(^_-)-☆

 

教室でおススメしているのは、

回数での練習方法です。

 

曲の練習では無く、

基本練習・テクニックの練習です。

 

例えば、

譜読みの済んだテクニック曲を

毎日必ず〇回繰り返そう!

というものです。

 

例を挙げると

ハノンの1番を毎日3回繰り返すと

約3分の時間を使います。

 

これは隙間時間で出来ます。

 

『カップラーメンが出来上がるまで』

とか、

出社までの『朝練習として』

とか。

 

短い時間で出来ますね。

 

お試しあれ。

 

今日もお読み下さってありがとうございます。

 

 

朝晩が寒くて寒くて、

冷え性には堪えます(^^;)

 

また。( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ピアノ

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
ランキングに参加しています。宜しかったら、ぽちっとお願い致します。(*^^*)

『間違いを弾き直さない』という練習は、間違い探しをする時より集中力が要ります。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室

『大人のピアノ教室』、いのうえちづよです。

 

 

 

間違うのは嫌だから

本のとおりに絶対に弾きたい

 

という理由で

常に間違いを正して弾いていると

間違い探しになってしまって

密かに間違う事を期待する

 

という待ちの姿勢が身についてしまう

と思うんですね。

 

これは、

本当に厄介。(;´Д`)

 

 

 

弾き直さない練習というのは、

しっかりと譜読みが終わったことが前提で、

 

弾きこみに入っている段階の

練習内容になるので、

 

実は、

間違い探しをしている時よりも

はるかに集中力が必要です。

 

 

 

間違ったら弾き直しをすればいいや

という気持ちでは無く、

 

間違っても

拍はそのまま数えながら、

その次の音に次々に移って行かないといけない

という練習方法。

 

これが、

弾き直さない為の練習です。

 

弾き直しをするより

はるかに難易度が上がるのです。

 

なので、

弾き直しをする練習より

一歩進んだ練習として

取り組んでみてくださいね。

 

 

 

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

 

また。(*^^*)

 

 

 

JUGEMテーマ:ピアノ

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
ランキングに参加しています。宜しかったら、ぽちっとお願い致します。(*^^*)

まずは、鍵盤の位置。憶えられていますか?

鹿児島県姶良市大人のピアノ教室、いのうえちづよです。

 

 

頑張って1曲だけ仕上げる事も大切。

 

でも、

ピアノを楽しく長く続けるには、

押さえておかないといけない

基本があるんです。

 

それは、

まずは鍵盤の位置。

 

例えば

ドの音の右側が、

レで、

 

左側はシ。

 

単純な事ですけど

それが解って

なんなく演奏出来ないと

 

曲を弾く時は、

かなりてこずりますね。

 

曲の演奏時は、

気にかけないといけない事が

てんこ盛りです。(^^;)

 

まずは基本の事は

出来ていないと

 

1曲目は良くても

2曲目はまた、

新しい事をしなおさないといけないですから

苦労が『再び!』

となりますよね。

 

もしハノンなどの基礎練習を取り入れていたら

声に出して

歌いながら演奏するのも良い方法です。(*^^*)

 

♪ドミファソラソファミ♪

♪レファソラシラソファ♪

 

鍵盤の位置。

大切ですよ〜ハート

 

JUGEMテーマ:ピアノ

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
ランキングに参加しています。宜しかったら、ぽちっとお願い致します。(*^^*)

サイドバーのお勧め書籍、増やしました〜。

鹿児島県姶良市大人のピアノ教室、

いのうえちづよです。

 

PCサイドバーのお勧め書籍を

増やしました。

 

お勧め書籍、

長い間、放置状態でしたね。(^^;)

 

大変失礼致しました。<m(__)m>

 

お勧め書籍、

中には、子供さんが対象の物もありますが

大人の方にも

お勧めしたいものがたくさんあるんです。

 

宜しかったら、

手にとってみられてくださいませ。( *´艸`)

 

また。バイバイ

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ピアノ

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
ランキングに参加しています。宜しかったら、ぽちっとお願い致します。(*^^*)

準備の為のフライング OK!

鹿児島県姶良市大人のピアノ教室、

いのうえちづよです。

 



今度、子どもの生徒さんで、
メンデルスゾーンの結婚行進曲

を演奏する子がいるのですが、


ベートーヴェンの運命のように
最初の部分に三連ぷが出てきます。

 

三連ぷというか、

3つの音を
1つの拍に入れてリズム良く演奏

するのですが、

 

この曲、

打鍵の為(鍵盤を叩く為に)

指を上げるタイミングを間違うと
とっても、『もたもた』した曲になってしまって、
重た〜い曲になってしまうんです。

こんな曲は、
この部分に差し掛かる前の部分は、

ゆっくり落ち着いて演奏して、

 

弾き終わるやいなや
早めに素早く打鍵する為の準備

をした方がいいです。

俗に言う『瞬間移動』の
イメージですね。( *´艸`)

音出しは(打鍵の瞬間は)
リズムに乗って
リズムに正確に
って事なのですが、

 

打鍵の前の動きは
結構フライング気味でも
構わないです。

これは、
ブルグミュラーで、
皆さんが苦労される『アラベスク』の
最後の部分でも言える事です。


そこに来てから
『どっこいしょ』
と重い腰を上げるのではなく^^;

その前から
少し腰を浮かし気味にして
準備!がいいです。(^_−)−☆

今日もお読みくださってありがとうございました。




朝晩が涼しくなりました。
気持ちのいい秋がやって来ますね。

また。

 

JUGEMテーマ:ピアノ

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
ランキングに参加しています。宜しかったら、ぽちっとお願い致します。(*^^*)

手が痛い?フォームを見直してみてね。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室

『大人のピアノ教室』、いのうえちづよです。

 

手は、

力を抜くと

自然に丸くなった形に収まります。

 

 

力を抜いたら、

指がぴ~んと伸びた状態になるなんて事は

ないです。

 

普通に立った状態で、

腕を体の横にだら〜んとおろしてみてください。

 

指が少し内側に丸まって

一般に、親指と人差し指の間に

自然と隙間が出来ますよね。

 

この形に逆らって

ピアノ演奏の為だけに

指のフォームを変えると

 

こんな感じ↓

 

あちこち痛いという事が出て来て、

 

最悪、病院通い・・・なんて事も(;´Д`)

 

『普通に演奏』の状態では、

5分も弾き続けられない

なんて事はありません。

 

もし、そんな事があるのでしたら、

そのまま弾き続けるのはやめて

そく、演奏時の指のフォームを見直す事を

おすすめします。

 

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

 

久しぶりに会った

子どもの生徒さんに

抱きつくほど、喜ばれて、

めちゃくちゃうれしいでした( *´艸`)

 

また。バイバイ

 

 

JUGEMテーマ:ピアノ

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
ランキングに参加しています。宜しかったら、ぽちっとお願い致します。(*^^*)

たとえ記憶出来ようとも、楽譜は永遠の友達。

鹿児島県姶良市『大人のピアノ教室』、

いのうえちづよです。

 

 

私は、

記憶するのが年々

難しくなって来ていて・・・

 

という記事を

ぴぴピアノ教室『大人のピアノ教室』のHP

のブログに書いたんですけど(^^;)

 

 

こちら↓

最近は、いつまでも初見の状態で、記憶は苦手。

 

 

 

1・2回弾いただけで

記憶できる方がとっても羨ましいのですが(^^;)

 

 

不思議と…

 

 

音を憶えたはずなのに・・・

 

演奏の仕方によっては・・・

 

指遣いが変わる事によって・・・

 

 

演奏中の音楽の中の音が

1・2個変わっちゃう事があるんです。

 

 

頭の中で

反芻する事によって

出て来たことですが、

 

これを克服するには、

 

本番前の暗譜練習以外では、

楽譜を常に譜面台に置いて

弾きましょう

 

です。\(^o^)/

 

 

 

暗譜をしたから

楽譜は要らない

 

では無くて、

 

常に楽譜とはお友達でいて、

時々、コンタクトを取って欲しいですね。(^_-)-☆

 

 

今日もお読みくださってありがとうございました。

 

 

鹿児島、まだ暑いんですけど

朝晩、ふと秋風が吹きます。

 

ひんやりする、

冬を思い出させる風色ですね〜。

 

 

また。(≧▽≦)

 

 

 

JUGEMテーマ:ピアノ

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
ランキングに参加しています。宜しかったら、ぽちっとお願い致します。(*^^*)

カチコチの音を柔らかい音へ

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室

『大人のピアノ教室』、いのうえちづよです。

 

 

固いカチコチの音を

滑らかな音に変えるには、

 

 

指を鍵盤に押し付けて弾くのを止める。

 

ピアノは叩いて音を出す楽器なので、

音を出した後、

鍵盤に指を押し付けたままだと

結果的に弦が

共鳴するのをとめてしまう事になってしまう。

 

結果、響かない音になってしまって

固い音質になる。

 

鍵盤を打鍵する時の支点を

手のひら全体から

手首の一点に変える

 

手全体を支点にすると

押し付ける事になってしまうので

手首を支点にして

手首から手が上下する運動を妨げないようにする。

(おいでおいで〜(^^;)の動きです)

 

 

一つの方法としてお試し下さいね〜(^_-)-☆

 

今日もお読み下さってありがとうございました。

 

昨夜は雷と雨がすごかったです。

全国的に日照不足らしいですね。

夏の太陽が見たいです。

 

また。\(^o^)/

 

 

JUGEMテーマ:ピアノ

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
ランキングに参加しています。宜しかったら、ぽちっとお願い致します。(*^^*)

頭にインプットする前に即修正を。譜読みは大切。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室
『大人のピアノ教室』、いのうえちづよです。

 




有る程度の速さで演奏するには、
有る程度の楽譜の音が
頭に入っていたほうがいいですよね〜。

初見(=初めて見た楽譜を直ぐに音にする事)の段階では、
曲の速さを上げるには
限度があります。

やっぱり大人になると
子ども達とは違って、
反応速度もちょっと低くなりがち。(^^;)

そこで、譜読み(=音取り)の段階で、
何回も何回も繰り返しますから、
これで、少し頭に入って行くんです。

それで、速さを上げる事が出来るんですね。


ただし、
有る程度、頭に音が入って行くにつれて、

今度は、間違って憶えた音の修正が
とても難しくなります。(;´д`)

そこで、
譜読みはゆっくりがいいんです。

『遅い速度で弾きましょう』
というゆっくりも有りますが、
音符1つ1つをゆっくり読み取るのが
とっても大切です。

譜読みに1ヶ月かかっている?
大丈夫。うんうん

曲から読み取る情報が多ければ多いほど、
ゆっくり丁寧に
がいいんです。

本来、楽譜から読み取る情報は、
音にまつわる事だけでは
ありません。

楽譜から直接読み取れるものから、
目に見えないもの
例えば
作曲家の意図だったり、
時代背景だったり、
その時代にふさわしい演奏速度も。

私の好きな歴史上の人物
坂本龍馬の言葉を借りれば、


『譜読み舐めたらいかんぜよ』

 

ですよ〜ん^^;
(お会いした事はありませんが^^;)

今日もお読みくださってありがとうございました。



昨日は、
湧水町という所へ行って来ました。
有意義な時間が過ごせて、
いい刺激になりました。


また。バイバイ

 

JUGEMテーマ:ピアノ

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
ランキングに参加しています。宜しかったら、ぽちっとお願い致します。(*^^*)

譜読みの段階では、指がスラスラ動く事よりも、違う音を弾いてしまう事に注意。

鹿児島県姶良市ぴぴピアノ教室

『大人のピアノ教室』、いのうえちづよです。



上手に弾く=間違わない事ではない

とお伝えしています。

でも、もちろん間違わないで、

すらすら指が動くという事は

素晴らしい事で、

努力は称賛に値します。(^_-)-☆

上手に弾いている

と言っても良いですネ。

が、しかし、(^^;)

すらすら指が動いている最中に

違う音(音色)を叩き出している事にも

注意を払って欲しいです。

間違ってもいい。

ただし、

その事に気づかないのはちょっと困るんですね〜。

みみをすませて

ご自分の出した音を

よ〜く聴いてみましょう。

響きが明らかに違うのが分かると思いますよ。

なので、譜読みの段階では、

ゆっくりでいいです。

ゆっくり丁寧に

正しい音を読み取りましょう。(*^^*)

お読み下さってありがとうございました。

近くにイオンが出来て、

たま〜に出かけているんですが、

まるで迷路のような店内に(;´Д`A ```

(他の方は違うようですが)

目的地に行けずに

帰って来る・・・を

繰り返しています。(^^;)

また。バイバイ

JUGEMテーマ:ピアノ

にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
ランキングに参加しています。宜しかったら、ぽちっとお願い致します。(*^^*)

                   
| 1/116PAGES | >>